フェリス真夜中のてんかん発作 および グレース膝蓋骨外方脱臼 術後5週間(リハビリ最終段階へ)

AM2:35 異変を感じ起きたら、フェリスがじたばたともがいており、発作が始まりかけていた。
慌てて階下に連れて下り、ホリゾンを注射(意識が飛んで、つっぱり反りかえり、揺れる身体に打つのは大変。針で皮膚を切りそうになったら抜いて、3度も注したよ)。
92.jpg

はっははっは苦しそう。涎もダラダラ。
96.jpg

10分ほどで、落ち着きかけたが、また、前回(1月15日)同様、発作がぶり返し、ダイアップ1個挿入。
97.jpg

3:05 意識が戻る(戻ったら、おしっぽを振るのですぐわかる。こんな時に愛想振りまかなくてもいいんだよ)。
ぐったりしているので、撫でて身体をほぐしてやりながら、気が済むまで抱っこ(グレースは2階に置いて来た)。
99.jpg

3:25 自力でトイレに行き、排尿と排便。

在庫のホリゾンが半年経過(1月19日処方)し、グレースの検診の時に、交換してもらうつもりで出していて、直ぐに打てた(夏場は冷蔵庫)。

発作が3か月に2~3度以上になれば、毎日服用する抑制剤を飲んでもらいますが、発作は長いものの、半年~8か月に1度なので、このまま注射+坐薬で抑制しましょう。
との見解でした。

今朝は、久々に、カッパなしでお散歩が出来ましたよ。
40分コースを歩いたら、シャワーを浴びても汗が引かず(大気が不安定だからカートを置いて行ったので半分以上は抱っこ)。
疲れて来たり、段差(小さな小さな段差は、階段のように抱っこせず、歩かせます)に差し掛かると、一段と蟹股に。

リハビリも、マッサージ中は、至福の表情なんですがねぇ。
屈伸と自転車漕ぎは、まだまだ痛い様です。
106.jpg

お散歩時間の兼ね合いで、雨雲レーダーを確認したら、3時過ぎからまた発達した雨雲がかかる模様で、しばらく止みそうもないので、獣医さんに、今から診て頂けないか電話(予約は明日の10時)。
15時から手術がありますので、直ぐにお越しください。
ってことで、急いで支度して向かいました。
14時到着。15分ほど待って診察。
123.jpg

問診。
→ 10分くらい温めた方が、屈曲の時の痛みが少ないみたいです。
そうかもしれません。では、ゆっくり温めてあげてください。
→ まだ、お座りは嫌がって、ご飯の時にしかしません。
なるべく、立ったり座ったりさせるようにした方が、早くほぐれます。
124.jpg

5週目なので、レントゲンを1枚撮らせてもらいたい。
→ お願いします。
120.jpg

お皿もきちんと安定しています。
もう5週間経っていますし、再脱臼の可能性は、極めて低いでしょう。
リハビリは、最終段階なんですが、グレースちゃんの場合は、縮んでしまった筋肉や筋を伸ばしてやるためにも、今と同じ内容プラス、ダンスを加えてください。
約9週(8月5日)で、リハビリ終了予定です。
→ ダンス?
前足を持ってもらって、立たせた状態で足踏みさせることです。
(前足を持たなくても、コマンドで可能だが、痛いから、お座り同様コマンド無視するかも。IQ高いけれど忠犬じゃない姉)
121.jpg

注射は、5~6回とは言っていましたが、とても順調なので来週で終了するかもしれません。
→ お散歩は、まだ、15分以内ですか?
いえ、階段や険しい道以外の平坦な道なら、普通の速度でフェリスちゃんと同じように歩かせてもらっていいですよ。
来週以降は、ジョギング程度の速さでも歩かせることが出来るかもしれません。
(先生の仰る普通の速度=ame家ではゆっくり)

次回は、15日10:00~
122.jpg
リハビリは増えたけれど(本当は減る)、カートでお散歩しなくても良くなったのは(坂だし)とても助かる。
懸念されていた、感染症も、再脱臼もなく、順調に治癒出来ている。
本当に有難いことです。

☆ 体調不良には玄神

さらさらぴこさんに教えて頂いてから、体調がなんとなく芳しくない時には、玄神を買って(わたしは横着して市販品)、煎じて飲んでいますよ。
わんこご飯にもお裾分けで垂らしています。
今日は、フェリスのてんかんと、土砂災害警報で、ほとんど眠れなかったので、濃い目に煎じて飲みました。
黒炒り玄米の効能は、こちら↓
https://kawashima-ya.jp/contents/?p=812