糀甘酒生姜ブレンドをタメす

マルコメさんの’プラス糀 糀甘酒LL 生姜ブレンド’をタメしました。
炊飯器で作ると(お米は入れず麹だけで作っていました/麹を炊飯器に入れ、70度のお湯を注いで8時間保温するだけで出来るので)、大量に出来てしまい、飲むのに追われて、冷蔵庫で場所も取るので、作らなくなっていましたが、今回、モラタメに登場したので、生姜好きなのもあり、申し込みました。

量は125cc(1回50~120cc:1日200cc以内が適量だそうです)と丁度良く、冷蔵庫の収納にも場所を取らないので助かります。
thumbnail_DSC_0152.jpg

わたしは、朝一番に飲んでいます。
水分と塩分がバランスよく配合されているので、熱中症予防に適しているし、お散歩に行く前に手っ取り早くエネルギー補充したいので。

飲む点滴と言われる甘酒ですが、飲む時間帯によって、効能が違うらしいですよ。
朝に飲むと、酒に多く含まれるブドウ糖が脳をしっかり目覚めさせてくれます。
またこれにより代謝がよくなるので、ダイエットにも効果的。
お昼に飲むと、ブドウ糖と糖の代謝を向上させるビタミンB1の相乗効果により、脳の働きが活発になり、集中力がアップ。
夜に飲むと、1日で疲れた体を疲労回復。また、ストレスを緩和するGABAと、優しい甘みと香りが心を癒し、体を温めることで安眠効果が期待。

わたしは、免疫力が低いので、甘酒は、飲み続けたい。
大好きな冷やしあめにも似た味です。
このマルコメさんの甘酒は手作りに近いので、いつも行くスーパーにも売っていたので、リピします。
thumbnail_DSC_0158.jpg




ご配慮が嬉しかった

昨日の朝のお散歩でのこと。
ラジオ体操のために、上の池公園に集まられて、放送を待機されているみなさんから、
『いや~良かった。心配してたんよ』
『もう1匹はどうしたんかなって聞くに聞けなくて、、、良かったー』
『もしかしたら…って悪い想像してたんやけど、また会えて嬉しい!』
『良かった良かった。また、可愛いお揃いの服が見られるわ。』
と、大人気のグレースでした(カートに乗せての気分転換のお散歩は夕方だけだったから)。
「実は手術をして、昨日までは室内でのリハビリで、短時間のお散歩が解禁になったところなんです。」
って事情をご説明しました。
毎朝、ご挨拶をして通り過ぎていましたが、どなたも一切、1匹だってことに触れられなかったんです。
優しいお気遣いが嬉しかったです。

今日は、約1か月ぶりにシャンプーをしました。
17398.jpg

暑いから、入れろって催促の2匹。
(フェリスは、先週シャンプーしたところで今日は天日乾燥の付き添い)
久しぶりに、被毛がサラッサラになりました。
1匹ずつのシャンプーだと、腰がマシ。
17404.jpg

パラパラ程度の雨が何度も降っただけで(地面も濡れない)、湿気がまとわりつくような暑さ。
お散歩から戻った18時半の室内の温度は30度で、湿度は80%もあり、流石のわたしも、お風呂に入る前に冷房を入れました。
28度設の弱冷なんですけど、毛布を被って出て来ない2匹。。。

グレース膝蓋骨外方脱臼 術後21日目 リハビリ次段階へ

9:40~10:20

触診後、歩行確認。
問診。
気になった点はありませんか?
→①お座りをしない。しても、股が外に向いた状態。
 ②リハビリの屈曲の時に痛がります。
 ③リードでの室内歩行を嫌がり困難に。歩かせた後は、足がプルプル震えます。
 ④お腹を下しましたが、おそらくアイシングの時に冷えたんだと思います。アイシングの時に腹巻をするようにしたら、治まりました。
 ⑤寝起きは、びっこを引きます。
 ⑥ナックリングをすることがなくなりました。
 ⑦傷口、目立たなくなりました。
17236.jpg

ステージ3の外方脱臼の術後3週間で、この年齢なのに、物凄く順調だと思います。
反対に、まだ、術後3週間です。
削った骨や、関節膜などが再生出来ていないので(2か月はかかる)、屈曲やお座りを痛がるのは仕方ありません。
でも、3週間でここまで回復出来ているのだから、焦らず、リハビリを続けて下さい。

前回、提案しようと思って忘れていました。
疼痛を和らげ、滑膜や軟骨の形成を助ける注射を1週間から10日に一度打とうかなと思いますが如何でしょうか。
→お願いします。
 狂犬病予防接種、今日は無理ですね?
両方とも副作用がほとんどないので、問題ないとは思われますが、今日、カルトロフェンベットを打って問題ないようなら、来週、狂犬病も打ちましょうか。
ということで、打って頂きました。
→今日からお散歩解禁ですが、行っても大丈夫ですか?
はい。問題ありません。
17319.jpg

もう一度、歩かせてもらっていいですか?って言われて歩かせると、今度は先生個人のスマホで歩行を撮影(さっきは病院のカメラで撮影)。
手術を一緒にして下さった先生に、こんなに順調です。って送るそうなんです。
お座りしているところも撮影したいとのことでしたが、嫌がり、なかなか座ってくれず、おしりを下げて強制執行^^;

伺うと、その先生は、岐阜県から、わざわざグレースの執刀のためだけにお越し下さったそうなんです。
そんな遠方からって、初めて知りました。
→出張費、請求してください。
いやいや、大丈夫です。同期で、融通ききますので。
→てっきり、近くの病院の先生かと。
 岐阜から起こし下さっていたなんて。。。
 ありがたいことです。
 くれぐれも、よろしくお伝えくださいませ。
伝えます。

グレース、本当に運がよかったね。
17227.jpg

→シャンプーはもうしてもいいですか?
明日以降、いいですよ(今日は注射しているので)。
→別件ですが、左前足の肘の所に赤いイボが出来ました。
17358.jpg

悪い物ではないと思われますが、大きくならないか、形が歪にならないかを観察してください。

リハビリは、次の段階に移ります(術後3週間から5週間目まで)。
1日2回行って下さい。

1.温熱療法(10分)
  夏なので、そこまで温める必要はないです。5分くらい。
 →ホットアイマスクで温めてもいいですか?
  理想的です。

2.ストレッチ(屈曲と屈展)

3.自転車漕ぎ(横臥位と起立位の両方で)
 ゆっくりと痛がらない範囲で、前回しと後ろ回し。

4.引っ込め反射の誘発
 →???
 立った状態で、足首や肉球の間を摘まむとパッと足を上げることです。
 →(先生の前で実際にやってみた)
 それでOKです。

5.アイシング(10分)

1~5とは別でOK
6.自動運動
①お散歩
 ゆっくりとした速さで、15分以上歩かせない。
 室内と違い、外部の刺激が気になって、自分で足に注意が行かなくなるので、気を付けて見て上げてください。

②座り立ち運動

→運動後、アイシングは?
不要です。
17323.jpg

むっちゃ、することが増えました(笑)
次回は、7月1日9:30~
(雨で通院が難しければ変更可)


午後の読書タイム。
距離は相変わらず縮まらない姉妹。
17338.jpg

ソフトケージがすっかり気に入った2匹。
わたしが本を読んでいない時は、どちらかが、入っています。
毛布は、自分で引っ張り込んでいるんだよ。
17277.jpg

夕方、公園内で降ろしてやると、すっごく嬉しそうにタッタタッタと歩こうとするから、セーブが難しい。
取りあえずは、フェリスとは別別のリード(2匹引きではなく)で歩かせました。
家の中では、頑として動かなかった癖に、歩く歩く。
娘に送ったら、
『全然違うやん。むっちゃ歩けてる。良かったなあ。』
と、即返信。


ホットアイマスクは、5分経ってもまだ暖かかったので、目に^^
17354.jpg

自転車漕ぎは、起立位では、なかなか難しかった。
屈曲と同じく、外にしか関節が回らない、蟹股漕ぎ。
(子供を前に乗せて自転車を漕ぐママさんのよう)
でも、焦らずゆっくりだね。
17356.jpg


さて、義父の言動がやはりおかしい。
さっき電話架けて来たばかりなのに、5分もしない内にまた架けて来て同じことを言う。。。
(相変わらず、自分の息子達には架けず、わたしに架けて来るし、忙しい時間帯ばかり)
早く治療薬を服用して、進行を抑えてもらいたい。
(母は治療薬を服用しているけれど、おかしい。義父と同じく前からおかしい人なんだけど。二人とも自分本位に生きて、子供より己で、他力本願。親に恵まれないよ。助けてもらったことないんだけど…)

グレース膝蓋骨外方脱臼 術後17日目 カートでお散歩へ

このところ、リハビリをしていても、ご機嫌斜めのグレース。
屈曲の時に疼痛が酷い様で、それでも、いつものグレースなら、大人しくされるがままのはず。
噛みはしないのですが、ニーって歯を見せて威嚇し、嫌って態度を示すように(マッサージは好き)。
室内歩行も、立ち止まって、歩かないって主張(同じ場所をぐるぐる回るだけだから、楽しくないよね)、困った。

久しぶりに晴れたし、夕方のお散歩に、カートに乗せて連れて行ってみました。
17194.jpg

すこぶるご機嫌。
ずっと立って、あっちを見たり、こっちを見たり。
立っていても、四肢をしっかり踏ん張り、坂も段差もバランスを崩さずに乗っていました。

空気の匂いを嗅いでみたり、鼻歌が聞こえて来そうなほど嬉しそうでした。
(影を選んで歩いてけれど、汗ダラダラ!)
17196.jpg

下に降りたい素振りを見せましたが、まだ、許可が下りていないので、我慢。
17192.jpg

帰宅後も、はしゃいで、びっこ引き引き、走り回っちゃったよ。
(あかんやん…)
術後、お散歩を嫌がるようになった子もいるとのことでしたが、グレースは、大丈夫みたいね。
17201.jpg

やはり、お散歩が大好きなんだね。
今週は、梅雨の中休みでお天気の日が続きそう。
カートでのお散歩、頑張りますか。

24日、検診時、短距離でもいいから、お散歩の許可を出してもらえるかな?

フェリス狂犬病予防接種 & グレースカバー帯取り外し

17日(水)  13:00

15日・17日・19日の13:00~14:00に、狂犬病ワクチン接種のみの時間を設ける。とのことだったので、フェリスを連れて接種に。
(毎年6月に受けさせているので、それもあり)
外で並んで、票を渡し、中に入って抱っこして打ってもらい、受付でお支払い。
あっと言う間の流れ作業でした。
thumbnail_DSC_0101.jpg

証明書は、24日のグレースの検診時に受け取る旨メモで貼っておいたら、郵送関係費100円が返ってきましたよ。
DSC_0102.JPG

お留守番中、ソフトケージの中に入っていたグレース(爆睡していたみたいで、且つ、耳が遠くて帰宅したのが聞こえなかったみたい)。
フェリスは、時々入って、くつろいでいるのですが、グレースがですよ!!
びっくりです。
こんな日が来るなんて^^
thumbnail_DSC_0100.jpg

そんなグレースですが、傷口を気にする様子がなくなったので、午後、思い切ってカバー帯を外しました。
初めて生で見る術跡。
17094.jpg

糸を噛みちぎった下部は、まだ、カサブタが残っていますが、他はきれいにふさがって、毛も伸びて来ていて目立たなくなりつつあります。
内側を切開して下さっているので、普通に立っていたら見えないです。
よかったね~
17095.jpg

右に比べると、膝回りは膨らんでいます。これは、このままなのかな?
17092.jpg

左の太ももが、さらに痩せて、筋張っててびっくり。
筋肉が落ちてしまっていますが、また歩くようになると戻ります。
って先生がおっしゃっていたのはこのことだったのね。
今は、リハビリを頑張ろうね。
17114.jpg


18日(木)

早朝散歩でディーノ君に会ったら、今日が13歳のお誕生日なんだとか。
お誕生日おめでとう。
今まで飼った中で、一番長生きしてくれてるそうですよ。
ただ、ディーノ君、右眼が完全に見えなくなっちゃったそうです(瞳が真っ白で、中心部が赤かった)。
よくぶつかるの。って優美さん。
久しぶりだったから、フェリスに盛んにご挨拶をしてくれました。
わたしにも^^
お互い、元気で長きしてもらおうね。


さて、今日は、義父の検査結果を聞きに行く日。
雨なので、乗りたくはなかったけれど、バスで。

マスクもせず、検温も忘れていた義父。
なのに、待ち合い室で、大きな声で喋るから、周りの人に白い目で見られてたよ(本人は全く気付いてない。昔からそういう配慮がない人。)。
何のために、大きな字で書いたメモを渡し、電話で念押ししてるんだか…

検査結果は、やはり、脳の萎縮がレベル2(レベル3の入り口)。アルツハイマーの数値も出ているってことでした。
このまま、薬を飲まずにいるのなら、半年に1度、進行を確かめるために受診。
運転免許証を返納し、治療(治す薬ではなく進行を2~3年遅らせる薬:義父は何回も説明を仰いでいました。『ね、さっきのことをまるで覚えていないでしょ。これが認知症ですよ。』って先生)するなら、免許返納後に来てもらって、1か月に1度の検診となる。
『早い段階で認知症に気付いてもらって、こうして検査もして、認知症だということがはっきりしたのも、運転を止めるきっかけではないでしょうか』ってやんわり説かれていました。
また、
『治療すれば、ご家族の方に迷惑を及ぼすようになるのを遅らせる手助けにもなりますよ』とも。
わたしは、『どちらにしても、頻繁に様子を見に行ってあげてください。』って言われました。
義父宅までは、片道10km弱。。。
それだけでなく、同じ話ばかり聞かねばならないし(義父はお喋りだし(明るくていいんだけど)、わたしは聞き役。さっき言ったことを忘れて同じ話を何度も何度もするから疲れる)。しんどいなぁ。

帰りに、「百貨店に飯でも食いに行こう」って言われましたが(マスクもしてないのに)、グレースをそんなにお留守番させられないので、駅で別れ帰路へ。
いろはで、お弁当を買って帰ったけど、帰りのバスの中でガンガン頭痛(低気圧頭痛。大雨が降る数時間前に起こるようになった)。
帰宅後、直ぐに鎮痛剤を飲んで、2匹と寝室で横になったら、珍しく1時間ほど眠れて、起きたらすっきりでした。

テアフラビンのど飴をタメす

日本橋榮太樓さんの、紅茶博士のテアフラビンのど飴をタメしました。
txt_01.png
夫はのど飴を常備しているので(煙草を吸えない時に舐める)、飛びつきました。
いつも夫が気に入って携帯している飴は、個別包装ではないので、これは、個別になってるから、ポケットに入れられていいなって。
IMG_4339.JPG
紅茶の風味が爽やかで、のど飴らしく、メンソールのすーっとした清涼感もあり、甘すぎないから、舐めた後もお口の中がさっぱりしていて、非常においしいです。
紅茶ポリフェノールは、抗菌作用もあるし、夫も気に入って、6袋を会社に持って行きました。

くっつきバンテージで楽ちんアイシング & 術後の食事

夕方、娘が、お見舞いがてら、’くっつきバンテージ’を持って来てくれました。

娘が来ると、はしゃいで走り回るので、落ち着くまでソフトケージに入れてたら、
『ぐぅちゃん、こんなとこ入って平気になったん?』
ってびっくりしてたよ^^
傷口を見てもらったら(わたしは、まだ、見る勇気がないので)、
『目立たんようにきれいに縫ってくれてはるで』
ってことなので、あと、2日ほどしたら、カバーを外して見てみます。

’くっつきバンテージ’は、テープ以外にはくっつきません。不思議だね。
両方に保冷剤を挟んで巻くのはなかなか難しいですが、これで、アイシング中、ずっと持っていなくていいようになり、楽になりました。
thumbnail_DSC_0099.jpg

術後の食事は、ほとんど変えてはいませんが、魚類に含まれるEPAやDHA等のω不飽和脂肪酸には抗酸化作用と抗炎症作用があるので、積極的に摂らせています。
納豆やキヌアも、少量を毎食。
DSC_0094.JPG

今朝から、早朝散歩(=6時にお散歩、帰宅1時間後にご飯)に切り替えました。
グレースは、2階の寝室でのお留守番です。

グレース膝蓋骨外方脱臼 術後10日目 抜糸

庭の紫陽花が、雨に濡れて色濃くなって来ました。
一昨年切り過ぎて余り花をつけなかったから、昨年は剪定をしなかったので、小さな花がたくさん咲いています。
16991.jpg
雨のお散歩は、お友達にもあまり会わないから、つまらなそうなフェリス。
16964.jpg
帰宅した時に飛びつかないように、グレースはソフトケージ(10日に届いた)でお留守番。
ケージにもすっかり慣れて、暴れなくなりました。これは、本当に有難いことです。
帰宅すると、こんなことをしてるんですけれどね。。。
16970.jpg
毎日のリハビリは、習慣になりました。
①屈曲 ②屈展 ③マッサージ ④ウォーキング ⑤アイシング
①②③は、腰の負担軽減で、わたしは椅子に座り、グレースをテーブルの上に乗せて行っています。
ウォーキングは、飽きちゃうのか、5分くらい経ったら、嫌々です。
(フェリスは、リードなしなのに、いそいそ着いて来るよ)
リハビリ1回につき、45~50分かかります。
目薬に、歯磨きに、お手入れに、お散歩に、ごはんに、リハビリ。
一日の大半を、わんこのお世話で費やしている幸せなわたし(笑)
16997.jpg
終わったら(マッサージ中も)、気持ちよさそうに眠りますよ。
16936.jpg
1週間入院でケージインだったし、退院しても、おうちの中しか歩かないから、足の裏の毛が伸びちゃって、カット。
ラムの足の裏の毛を、こんな風に月に一度カットしていたな~って懐かしく思い出しました。
16992.jpg

今日は、抜糸の日。
16:00~ 触診+抜糸+歩行確認
カバー包帯を外されましたが、絶対にカサブタを剥がしてしまうので、あと2~3日は保護のため、そのままにしてもらいました。
17009.jpg
抜糸は、手術費の中に含まれるそうで、診察代のみ。
17011.jpg
次回は24日(水)9:30~
それまでは、リハビリと安静を継続です。
削った骨が再生するのには、まだ時間は掛かるそうですが、順調で良かった^^
先生方、スタッフのみなさん、応援して下さった方々のお陰です。感謝♪

帰宅したら、元気元気。
糸のツッパリがなくなったからか、支えなしで足を洗えるようになっていました。
(今までは、足を上げられず、わたしが支えて洗っていた)
つまり、左足で体重を支えられるように。
歩き方も、やや開き気味ですが、力強いです。
今後も再脱臼しないように油断せず、常に気を付けなければなりません。
が、グレースの場合は、手術を受けさせて良かったと思えました。

グレース膝蓋骨外方脱臼 術後6日目 夕方急きょ退院

朝の面会(9:15~10:30)

ご飯を残していましたが、わたしが顔を見せると、もそもそと完食。
(何で食べないんだろうね…)

院長先生より、説明がありました。
『とても順調なので、明日には退院してもらっても構いません。安静とご家庭でのリハビリが難しいようなら、土曜日の抜糸後に退院でもいいですよ。』
→安静とは、どこまでですか?
 ジャンプなどがダメ。家の中をゆっくり歩きまわるのはOK
→よく考えて、夕方お返事します(明日退院させようとは思ったけれど、即答は避けた)。
16795.jpg
今日は、うんPを踏んでいたみたいで、後肢にこびりついていたので(特に爪)、鞄に入れていた赤ちゃんのお尻拭きで丁寧にぬぐっていると、爆睡。
(肉球がピンク色で、軟らかくなってる)
16796.jpg
副院長先生
『毎朝、敷物がぐちゃぐちゃで、ビリビリで、すごいことしてます。人がいる時は澄ました顔しか見せないんですけど、どんな顔してやってるのか、見てみたいです・爆笑』
すみません(;'∀')
そのお言葉を裏付けるかのように、大暴れした痕跡が。
左肘を打撲していました。
けど、ぐぅちゃんより大きなシュナウザーやトイプーが、ぐぅちゃんの半分以下のケージに入れられてるのに、ぐぅちゃんは広々したケージを与えられてたんだよ。分かってる?
16797.jpg

帰宅後、天気予報を見たら、朝から雨。
原チャでは、荷物もあるし、雨だと困るので、今日の夕方退院出来ないかと、電話。
3時間後、折り返し、お電話いただけ、OKとのこと。
リハビリなどの説明がありますので17:30にお越しください。

迎え入れ準備を。
一番の問題点は、ご飯を作っている時にジャンプすること。
入って来られないようにしても、別の部屋に閉じ込めても、その場でご飯が出来るまでジャンプし続ける。
対策として、ソフトケージを買ったんだけど(5日前)まだ届かないので、届くまで車のカルソニックで代用。
車から降ろして、中に夏用クッションを敷いて置いといたら、何故か、入ってくつろいでいるフェリス。
車に乗ってる気分なのかな?^^
コロナとグレースの怪我が落ち着いたら、また、お出かけしようね。
16848.jpg
グレースの入院中、ベッドで寝ていたのを、また、床に敷き直した(夫が帰宅するので、お掃除して、お布団を干していたから、マットレスをおろすだけだが、セミダブルなので重い!)
エリザベスカラーをアルコールで消毒し、用意。
晩ごはん作り。
娘が、時間有休を使って、車を出そうか?ってLINEくれたけど、姉ちゃんがいると、興奮して飛び跳ねるので、いいよって返事。
早めにお散歩に行き、17:10に獣医さん到着(お礼にアイスコーヒーと麦茶各1ケースを買って行った)。
しばらく待って、リハビリなどの説明や注意点を伺う。

・傷口は綺麗なので、このままで、何もしなくても大丈夫です。
(熱を持ったり、腫れたりしていないかのチェックのみでOK)
 夜はエリザベスカラーを装着してください。

・リハビリ(1日2回) 術後1か月まで
①屈曲と屈展 ゆっくり10回(深くはしない)
②頚部・背中マッサージ 10分くらい
⓷家の中をリードを着けてのお散歩(ゆっくり)10分
 (1か月は家の中/気分転換のカートでのお散歩はOK)
 梅雨時で丁度良かった。
④アイシング 両面10分ずつ

受付で、お支払いを待っている時のグレース。
帰るんだって分かっています。
IMG_4345.JPG
セファクリア(抗生剤:1/4錠)は、1日2回、食事に混ぜて投与。
IMG_4355.JPG
お会計(1万円内金で入れているので、これ+1万円)。
(入院費が1日3500円って安い!)
IMG_4351.JPG
さぁ。お家に帰ろう♪
原チャでルンルンって走ってたら(グレースもルンルン)、何回も何回も何回も立て続けに着電。
(こんな電話の仕方は…やはり義父。何でいつもわたしに架けてくるんだ!)
今日は無視して、夫に電話してもらうことにする。どうせ、大した用じゃないか、頼まれ事かに決まってる。
今後は、今度こそ、何でもかんでもわたしではなく、先に夫に電話するように言ってもらおう。

帰宅したら、大はしゃぎ。
1階中を走り回って捕まりません(-_-;)
あかんやん。
捕まらないので、ストップ!とコマンド。
やっと止まりました。
IMG_4347.JPG
軽くびっこを引いてはいますが、左後肢をしっかり使えていて、感動。
ぐぅちゃん、寂しくて不安でしんどかっただろうけれど、頑張った甲斐があったね。
16861.jpg
足を洗ってやったら、思い出したようにおしっぽふりふりフェリスに挨拶しに行ってましたが(やっぱり久しぶりだからちゃんと挨拶に行くんだって微笑ましく眺めていたら)、フェリスがガウーって唸ってグレースを攻撃。
驚きました。
1週間の間に、家はフェリスのテリトリーになっちゃっていたようです。
でも、姉に盾突くことを許す訳にはいかないので、こら!!って叱ったら(フェリスには、”こら”だけで十分効く)、グレースに近寄らなくなりました。
離れたら、再開した時に仲良くなれるんじゃないかって期待していたけれど、この姉妹は、、、
16871.jpg
走り回ったので、アイシング。
(片面ずつなんてやってられないので、一度に両面)
16869.jpg
カルソニックに閉じ込めて、ご飯の準備(作ってあったので、軽く温めて、サプリや発酵食品などのトッピング)をしていましたが、カルソニックの中で、出せってアピールせずにじっとしていました。
これって入院の成果だよね。
病院では、もそもそとしか食べなかったご飯も、家では、ガツガツガツと、あっという間に完食。
16874.jpg
歯磨きが終わって、歯ブラシを洗って、リビングに戻ったら、爆睡していました。
疲れたのと、安心したのとで、睡魔が襲って来たんだね。
(それまでは、わたしが離れると、クーンクーン小さな声で鳴いていましたが)
また、ずっと一緒だよ。

ベッドをこれだけ離して置いてみたら、フェリスがようやく寝ました。
やれやれ。。。この姉妹の距離は、もう、縮まらないって分かったよ。
16896.jpg

抜糸 13日16:00~
(診察時間外で閉まっているので、チャイムを鳴らして下さい)
12日の夜から14日夕方まで夫が帰宅するので、タイミング良かった。


夜、夫にはっきりと言いました。
(本当は口をきかないつもりでいたが、グレースの退院で話さねばならないことが多くて無理だったので、態度で怒りを表現するのは諦めて、言葉で伝えた)
書いたものをちゃんと渡しているのに、メモ代わり、カレンダー代わりに(伝言板でもありません)わたしを使うのは止めてもらって。と。
(朝、日時と持参するものをメールで送ってもいるのに、聞いて来る)
寄り添う、支え合う配偶者がいなのは、自分が蒔いた種。
自分でなんとかするのが筋でしょ。
というか、先に息子を頼るのが筋。
なのに嫁を当たり前のように気易く使って来たことはとても非常識なことです。
わたしは、お義父さんの配偶者ではありません。
ある程度は仕方ないにしても、直接ではなく、貴方を通して。
また、全面的に甘えるのはいい加減にしてもらってください。
わたしが訴えていること、間違ってますか?

グレース膝蓋骨外方脱臼 術後5日目

朝の面会(9:00~10:10)

ご飯は全部食べたそうです。

行ったら、寝ていましたが、声をかけるとキョロキョロし、スタッフの中にわたしの姿を見つけるや、扉をガシャガシャし、開けると、直ぐにお膝に飛び込んで来ました。
包帯が外れ、カバーだけになっていました。

16775.jpg
今日も、院長先生不在。
副院長先生より、
『お母さんが心配されていた糸負けも(避妊手術の時に酷かった)なく、きれいにふさがりつつあります。』
とだけ、ご報告を受けました。

べったりくっついて離れません。
16766.jpg
ナデナデしていると、換毛期で、抜け毛が凄い(お手入れ出来ないから余計に)。

甘え方も、段々大胆になり、なかなか帰してくれなくなりました。
16737.jpg

夕方の面会(18:00~19:00)

ご飯は完食していました。さすがだね。
足の付け根辺りをしきりに舐めるので、見たら、テープにカブレていたみたいです。
左足も、まだ力は入らない感じですが、しっかり使えています。
特に、バイバイ嫌ーってすがって来る時に。
16768.jpg
目をじっと見つめて来ては、ベターって甘える繰り返し。
16765.jpg
へそ天で甘えるようにもなりました。
看護師さんたちに、『グレちゃん、何その恰好!?』って笑われていました。
病室に慣れたんだね(ケージインが出来るようになったのは収穫)。
相変わらず、人が見ていないと、毛布やバスタオルをカジカジするそうですが(すみません)、不思議と家から持って行ってる毛布だけは、ビリビリ、カジカジしないそうです^^;
16770.jpg
やはり、なかなか帰してくれませんでした。
連れて帰りた~い!

明日は、院長先生が来られるそうなので、治り具合の説明を聞きたいし、退院の日取りなど、相談したいです。

グレース膝蓋骨外方脱臼 術後4日目

7日

10:00に行ったけれど、面会出来たのは10:40でした。
午前中のみの診察だったため、いつも以上に患者さんが多くて、忘れられてたみたいでした^^;

ご飯は、完食したそうです。
『いつも美味しそうなご飯だねってみんなで言ってます』
と、通されましたが、グレース、待ちきれなくてソワソワし、扉が開いた瞬間、お膝に飛び乗って来ました。
院長先生不在のため、経過説明はありませんでした。
16717.jpg
『人が見ていないと、敷物をぐちゃぐちゃにしたり、ビリビリにしています。ぱっと見ると、してないよって顔をします・笑』
そうそう、そういう子です。
忙しい中でも、スタッフのどなたかが、入院中の様子を教えてくださり、感謝。
16714.jpg
夕方は、面会出来ないので(面会は診察時間内のみOK)、1時間みっちり抱っこ。
また、明日ね。バイバイって言うと、しがみついて来て、手を離すのに苦労しました。
後ろ髪引かれながら、帰路へ。

夫が、火曜日の夜に戻り、水曜日の午後の付き添いをし、その足で静岡へ向かうとのLINEが入りました。
(着信拒否してるので)
当然です!
人に物を頼む時は、相手に承諾を得る。
事前にはよろしくお願いしますと誠意を、事後は、感謝の意を伝える。
相手が無理なら、自分で何とかする。
そういう基本的なことを忘れずにいてもらいたいですね。
わたしがブチ切れた時だけでなく。
のど元過ぎれば熱さ忘れるでもなく、今後もずっと!

グレースの経過次第ですが、これで、水曜日の退院も候補に上げることが出来ます。

グレース膝蓋骨外方脱臼 術後3日目 膝の上での抱っこ解禁

朝の面会(8:50~10:10)

院長先生不在で、経過の説明はなし。
ご飯、完食していました。
thumbnail_DSC_0108.jpg
膝の上での抱っこ解禁。
「ぐぅちゃん、抱っこしよか」って言うと、すっ飛んで来ました^^;
べったりと1時間強、抱っこ。お尻痺れた~
(抵抗して、なかなか降りてくれなかった)
久々のぐぅちゃんの感触を、めいっぱい味わったよ。
thumbnail_DSC_0118.jpg
少し痩せたかな?って感じたので、看護師さんに、カロリー増やした方がいいか相談。
(運動出来ないため、少しカロリーを抑えて作っていた)
『術後なので、回復のためにも、普段のカロリーにしてもらった方がいいと思います。』
との回答。
念のため持って行っていた、鹿の肺臓のジャーキーを与える。

明日で、ストックがなくなるので、帰宅後、2種類*4日分=8食分(木曜日の夜分まで)を作って冷凍。
(雪平鍋が好きです。これ以外にも、結婚してから35年愛用しているのがあるよ)
16672.jpg
フェリスです。
今日は、帰宅したら、クンクンクンクン執拗に服の匂いを嗅いでいました。
グレースを抱っこしたからだね。

グレース不在でも、30分ほどお膝に乗って甘えたら、自分から降りて、ベッドに行っちゃます。
夜も、最初だけ、べったりくっついたかと思うと、直ぐに足元へ移動して寝ます。
そして、いつものように、甘えたくなったら甘えに来る。
いつもべったりよりは、一人で寝る方が、落ち着くのかもしれません。
今日は、暑さがややましだったので、夕方早めのお散歩も、汗みどろにならずに済み、助かった。
(グレースの面会があるから、16時~17時の間に行かねばなない)
DSC_0034.JPG

夕方の面会(18:15~19:00)
看護さんより説明。
『みんながミーティングして目を離したら、前足の包帯を破ってしまっていました。
 今日で点滴での抗生剤投与を終えるので、針を抜きました。
(抜いた跡:ちょっとぷくって皮膚が盛り上がっています)
thumbnail_DSC_0131.jpg
 目を離すと、タオルを引っ張ったり、ちょこちょこ悪さをしています^^
 (すみません)
 明日からは、抗生剤は飲み薬になります。
 院長が、来週から、前の公園を少し歩かせてみようか。と言っておりました。』

ケージに行ったら、ご飯の途中で、お茶碗を持てーって意思表示をしたので、持ってやりました。
食べ終わったら、自分から、当たり前のようにお膝に。
毛を剃った後が、生々しい。
thumbnail_DSC_0126.jpg
べったり甘えるグレース。
『お母さんに抱っこしてもらってると、顔が一段と穏やかになるね』
って言われていましたよ。
thumbnail_DSC_0134.jpg
直に抱っこ出来るから、面会にも俄然、張りが出て来ます。
こちらで手術を受けて、本当に良かったです。
1日2回も、しかも、長々と面会させて頂けるなんて、想像すらしていなかった。

グレースの不在に慣れなくて寂しいけれど、バタバタと落ち着かないけれど、もうちょっと頑張ります。


明日は、日曜日なので、10:00〜13:00の診察のみ。
夕方には面会出来ません。

グレース膝蓋骨外方脱臼 術後2日目 ぐぅちゃん本領発揮

9:00~9:40面会(8:30家を出て外で5分ほど待たされ面会/10:00帰宅)

朝ご飯は、少し口をつけただけなので、お母さんが食べさせてください。と、通されました。
ケージの前で、院長先生から説明。
『昨夜、後肢の包帯をビリビリにして、下の方の糸を2本噛みちぎっていました。
 再縫合となると、麻酔をかけなければならないので、包帯で寄せて、固定しています。
 今晩からは、エリザベスカラーを装着します。』
画像を見せてもらいながら、お話ししていると、扉を前足でガリガリし始め、無視していると、お茶碗をひっくり返してしまった。
グレース、地が出て来たようです。
直ぐに、看護師さんが、敷物を交換して下さって(回復してるって証拠だけど、何度も敷布(毛布の上にバスタオルを敷いてある)を交換する看護師さんは大変だよね…すみません)、その間に、アイシングと屈伸。
(吠えたりはしないけれど、物に八つ当たりする本領発揮)
16602.jpg
ケージに戻り、なでなでしてから、お茶碗を持った途端、ガツガツ食べ始め、完食。
手術の痛みはあるそうですが、悪さをするくらいに回復しているようです。
16610.jpg
お母さん帰るね。バイバイって言うと不満げな顔で、ケージから飛び出ようとし、慌ててセーブしました。

18:00~18:40面会
(17:30家を出て、外で15分ほど待たされ面会/19:00帰宅)
ご飯は、わたしが食べさせなくても、ケージ内で全部食べていました。
良かった♪

看護師さんより、いつもの歯磨きを見せて下さいって言われて、
歯磨きするよって言うと、すんなり磨かせてくれますので。
と、磨くと、右奥歯と犬歯の裏から、ボロボロご飯が出て来ました。
『大人しいですね。右側に気を付けて磨きますね』って。

院長先生より
『敷布をビリビリにしたり、前足と後足の包帯を破ったりしています。
 明日までは、抗生剤を入れたいので、前足のルートは確保します。
 傷口は、炎症がある今は冷やしていますが、炎症がなくなれば、
 今度は温め療法に移ります。』

退院の目途は?
『一週間くらいを考えていますが、自宅で安静が難しいようなら、
 もう少し入院させるかもしれません。』
来週、火曜日~金曜日くらいになりそうです。

都合が合えば、車を出してくれるって言ってた娘は、
『火曜日が休みだから、何時でも迎えに行ける。
 水曜日は早番だから、15時くらいには行けるけど、
 直ぐに帰らなあかん。』

でも、水曜日は、13:30~16:00くらいまで、義父の検査付き添い(13時過ぎには家を出て帰宅は16時半にはなる)。
退院直後に、そんなに留守番させられないので、娘の都合とは、残念ながら合いません。
同じ理由で、火曜日も難しい。
忙しいけれど水曜日夕方か、降水確率が高いけれど木曜日か金曜日か、を希望しました(あくまでもグレースの様子が優先ですが)。

毎日、朝と夕、バタバタと用事が重なる時間帯に面会で、日中しか身体が開かず、その日中も結構用事があり、フェリスを甘やかしてやる時間もあまり取れない(本も読めない)。
夜も気が付いたら10時半くらいになっていて、慌ててお風呂を沸かして入って、寝るのは12時前。
グレースが一人で寂しがってるだろうと思うと眠れないし…
今は、グレースのことだけで動いていたいし考えたい。
なのに、父息子揃って、いつもいつもわたし任せ。
こんな時に、本当に勘弁してよ!です。
何年も何年も、夫の横柄さを、ずっと我慢して来たけれど、今度という今度は、堪忍袋の緒がブチ切れ寸前。

さっきも、義父から電話があり、
(わたしにばかり電話して来ること自体おかしい。夫に何度訴えても知らん顔)
『前に持って来てくれた非常食の中に、たらこの雑炊があって、美味しかったから、スーパー探したけどないんや。どこで買った?』
ネットで買ったって返事すると、そらあかんわ。って残念そうだったので、夫に、こうこうこうでって、買ってあげてもいいの?とLINEで聞くと、『いいで』。それだけ。
いつもなら、むっとしながらも、何も言い返さないんだけど、今回は、「いいでってそれだけ?」って返信。
すぐに夫から、電話が架かって来たけれど、話す気にもなれなくて無視。
一方的に手がかかって(タンスの引き出し一つ閉められないような)、腹の立つ夫は、本当に要らない。
一生帰って来なくていい!

グレース膝蓋骨外方脱臼 術後1日目

心配で、8:50に獣医さんへ。
モニター越しではなく(抱っこはダメだけど)、面会を許可されました。
嬉しい♪

看護師さんから、
『丁度、今、ご飯を用意したんですが食べません。お母さんなら食べるかもしれないので食べさせてみてもらえますか』
と。
パッと見、目が虚ろ。まだ、鎮痛剤が効いているのかな?って感じました。
なるほど、ご飯置いてあるのに、見向きもしていない。
いつものグレースじゃないわ。
(跳びついて来ようとするのを抑えています↓)
16541.jpg
先ずは、なでなで。
16550.jpg

膝に乗って来ようとするのをセーブしながら、スキンシップ。
思いっきり体重をかけて甘えて来ました。
手術した足も、ちゃんと使えてる。
そして、ご飯。
鼻先に少し。そしたら、ペロ。
手で口の前に持って行ったら、ペロ。
半分くらい手でやってたら、自分からお茶碗に顔を突っ込んで食べ始め、時間は掛かりましたが完食。
ぼーってしてても、最初は食べなくても、全部平らげちゃうのがグレースだよね。
いっぱい食べて、元気になろうね。
16544.jpg

食後も、しばらくなでなで。
(この横になった体制が楽なようでした)
16546.jpg

時間が経過すると、どうしても膝に乗って来ようとするので、面会終了。
扉を閉めたら、お茶碗台を前足でひっくり返して、「気に入らない」アピール。
本来のグレースに戻って来つつあるようです(笑)
約30分ほど、触れ合うことが出来ました。

先生より
『昨夜から今朝は、痛み止めでぐったりしていましたが、醒めて来たら元気で、足も下につけています。軽い屈伸をさせました。アイシングしています。』

午後、17:50に面会に行ったら、混雑していて、18:15~ようやく入室。
(完全予約制で、待合室の入室も制限されています。夕方は患者さんが多かった。)
わたしを見つけた途端、扉を前足でガシャガシャ^^;
いつものグレースっぽい。
目力、輝き、少し戻っています。
16569.jpg
四肢でしっかり立てていました。
16575.jpg
看護師さんが、ご飯を温めて持って来て下さったら、待ちきれず、お茶碗に顔を埋めて、ひたすらガツガツ。
足りなかったようで、お茶碗を鼻でつついて、わたしの顔をみて、「足りない」アピール。
こんなこともあるだろうと、鹿肺ジャーキーを持って行ってたので与えると、むしゃむしゃ。
これでこそ、グレースです^^
16571.jpg
膝に乗って来ようとする力も、朝より強くなっていました。
抑えるのが大変。
30分ほどで、面会終了。
また、明日ね。
16573.jpg


先生より
『午後からも、軽い屈伸をさせ、アイシングしています。感染症も出ていません』

フェリスは、静かです。
夜も、ガサガサしないし(昨夜は安眠妨害するグレースがいないのに眠れなかったですが)、
ご飯を作れ!早く食べさせろ!
毛布を掛けろ!カーテンを開けろ!
膝に乗せろ!庭に出せ!
ペットシーツを交換しろ!

寝たいから2階に連れて行け!
など、一切要求して来ないし、お願いは、遊んで~くらいで可愛いもんです。
16576.jpg

グレース 膝蓋骨外方脱臼(Rudy法)手術

1週間前は80%で、2~3日前までは60%だった降水確率。昨日は10%になっていて、今朝は0%と晴天に。
IMG_4303.JPG
朝7時にお散歩へ。
IMG_4307.JPG
しばらく行けないから、ゆっくりと休憩をはさみながら、1時間ちょっと。
ゆっくり歩くと、色んな方から『グレースちゃん、頑張ってね』って声をかけて頂けました。
また、座って休憩していると、寄って来られて、雑談に。
(一部の方にしか、今日が手術だって言ってなかったのに、いや、怪我の内容も言ってないのに、みんなご存じでびっくり)
グレースの痛みや不安を思ったら、つらくて。。。って言うと、うんうん。わかるよ。ってみなさん、涙目に^^
IMG_4313.JPG
午後には、この毛も剃られちゃうし、ザクっと切開されちゃうんだなぁ…
IMG_4309.JPG
お散歩後の水分補給も、いりこ出汁の上澄みです(茶こしで濾した)。
朝ご飯も、鰹節の上澄みをたっぷりでした。
(少量でも、何かしら食べさせてもらえたら、お台所からなかなか離れないものの、一応は納得する)
IMG_4301.JPG
庭でも日向ぼっこをたっぷりと。
ぐぅちゃんが戻ってくる頃、紫陽花も咲き始めるだろうね。
thumbnail_DSC_0026.jpg
ぎりぎりの11:30まで、まったりして過ごしました。
昨夜までは、グレースの寂しさや痛みを思うと、手術止めようかしらって何度も獣医さんに電話をしそうになったよ。
ふかふかお布団に、いつも一緒で、お膝の上。それが、何日も、ケージの中で、痛みに耐えるんだって考えると、辛くて。。。
thmbnail_DSC_0027.jpg
11:30にアラームが鳴り、ようやく腹をくくって、出発準備。
(冷凍室から4種類*2=8食分のご飯を出して保冷剤と保冷バッグへ入れ、原チャに入院用の荷物を載せ、グレースにちっちをさせて、スリングイン)
IMG_4316.JPG
12:00 看護師さんに、荷物を渡し、グレースの取り扱いを説明し(メモもお渡し)、先生にグレースを託し、涙涙で帰宅しました。
面会は、今日は、18:00~OK。
明日以降は、興奮するといけないので、看護師が撮影し、モニターを見てもらうようになります。とのこと。
抱きしめられないんだ…涙
IMG_4318.JPG
シェリーちゃんのお散歩に合わせて、16:00にお散歩へ。
色々お話ししながらお散歩(カートがないと楽)。

グレースがいないから、午後からくっついて離れないフェリスです。
しばらくは、一人っ子を満喫出来るね。
フェリスがいるから、グレースがいない寂しさにも耐えられるよ。
(グレースと違って、姉を探さないんです。案外薄情者であったのね)
16457.jpg
17:00に院長先生より電話
 手術の詳しい説明は、面会時にしますが、成功しました。
 14:00 手術室入室 麻酔挿管、毛刈りや消毒
 14:23〜16:00 手術
 現在、麻酔から覚めているが、痛み止めで、ボンヤリした状態です。

待ちきれず、早々と17:30に獣医さんへ。
看護師さんに案内され、対面。
(今日のわたしのズボンとサークルの壁の色が同じ)
中・大型犬用のゆったりとしたケージに入れてもらっていました。
(ダックスちゃんなどの小型犬は、幅も高さも、この半分くらいのケージだった)
IMG_4325.JPG
ぼやーっとした状態なのに、わたしの呼びかけに反応。
痛いし、心細いし、何故こんな所に閉じ込められてるのか理解できないだろうし、不安でいっぱいでしょうね。。。
IMG_4326.JPG
隣室で先生からの説明を受けて、わたしが相槌をうったり、質問したりする声にも、ピーピーって鳴いて反応していました。
胸が張り裂けそうだった。
ぎゅって抱きしめたかったよ。

手術の説明は、写真を見ながら。
(卒倒しそうになったけれど、鶏モモ肉を調理しているんだって自分に言い聞かせて、細部まで見て説明を受けました)
関節包を開いた結果は、靭帯も、半月板も損傷がありませんでした。
膝蓋骨が擦れて、ツルツルしていないといけないのに、内側も外側も、赤くなり、ざらざらしていました。
(時間が経てば再生)
こんな風に擦れて削れていたら、相当痛かったはずです。
外方に、長期間外れていたため、外側の筋肉が変性していたので、補正しました。
靭帯は、内側が伸びているので、それも補正。
下肢は変性していなかったので、けい骨・粗面の移植は行いませんでした(一般的な内方脱臼の手術ではこの固定方法)。
整形外科の先生も、曲げ伸ばしを想定し、出来得る限り調整しました。とのことでした。
万が一感染症が出た場合(おそらく大丈夫だとは思いますが)、人工糸を取り出す手術は簡単だそうです。
明日は、診察時間内、いつでも面会(モニター面会)可です。
リハビリは、再脱臼を防ぐために、安静にしつつも、筋肉は動かしてやらないとなりません。
1か月くらいで、終わらせたいなあと考えています。

またグレースと少し対面して帰路へ。


>さらさらぴこさん
>めめちゃんさん
>えりちゃん
 いつも、エールをありがとうございます。
 1月初旬から、今日まで、ただひたすら励まし続けてくださって、
 感謝の気持ちでいっぱいです。
 無事に手術が終わり、感染症さえ出なければ、って少しだけ前進。
 問題は、退院後、グレースが安静に出来るかってこと^^;
 すぐに、飛び跳ねちゃう子だから、安静が難しいんです。
 そんなグレースですが、今後とも、温かく見守ってやってくださいね。

>よっちゃん
 自分の身体がしんどいのに、グレースやわたしの心配をしてくれて
 ありがとう。
 よっちゃんのいうとおり、何でも自分で抱え込んでしまうけど、
 損な性格だなって昔は思ってたけど、
 何もしないで口だけの人よりは、不器用でもこういう生き方しか
 出来ない自分を、少し好きになりつつあります(笑)

 よっちゃんは、今は、自分のことだけ考えて、養生してね。
 

グレース入院準備 & 夫との老後を考えられない

早朝(タクシーがコロナの影響で、5:30にしか予約出来なくなっており、今日は、会議の時間いつもより遅めだったので、昨夜のうちに戻らず、新幹線の時間を少し遅らせて、今朝の出発となった)、夫が赴任先に戻り、大掃除、大洗濯後、お散歩へ。
昨日の夜の痛み止めが効いているのか、左足を使って歩けています(ラバーブーツが地面に擦れる音はしますが)。

それでも、左後肢は、筋肉が落ちちゃってます。
16336.jpg

全ての用事を済ませ、9時には、ゆっくり出来たので、グレースの入院準備をしました。

同意書
グレースの取り扱い説明書
お茶碗・お茶碗台
手作りご飯用の保冷袋(保冷剤と4日分のご飯は冷凍済み)
予備のドッグフードとペット用のお水
目薬(ジクアス・タリビッド眼軟膏)
敷布・毛布
おしめ
歯ブラシ

(ラバーブーツ)
手土産(お菓子詰め合わせ)
thumbnail_DSC_0015.jpg

準備をしながら、寂しくて、涙が出て来ちゃった。
3日以上も、離れちゃうんだものね。。。


〇義父もの忘れ外来(覚え書き)

5月29日 16:30予約 夫婦で付き添い
17:00~診察および検査
試験結果、30点中、ヒントを出してもらったが19点。
20点以下は、認知症であるため、詳しく検査を受けることになった。
6月10日 日赤 わたしが付き添い
 ※30分前には受付のこと。
 14:10~頭部単純MRI+MRA(VSRAD)
 15:00~RI(SPECT)
6月18日 クリニック わたしが付き添い
 10:00~検査結果および治療方針相談

認知症の薬で進行は遅らせることが出来るが、自動車運転免許を返納しなければ、処方出来ない。
→ 義父が拒否
が、進行を遅らせてもらわないと、わたしは困る。
夫に、是が非でも説得してよって頼んでいる。

よりにもよって、義父の通院や検査と、グレースの手術、入退院、リハビリと時期が重なり(退院もリハビリも日程は未定だし)、しかも、梅雨時。
5月初旬~半ばに動いてくれていたら(在宅勤務も多かったから動けたはずなのに)、精神的にも、スケジュール的にもしんどい日程になることはなかったし、雨の心配もしなくて済んだよね…
グレースの手術が、5月末~6月初めって分かっていて、なぜ、重なるような日に?
全く自分の都合しか頭にない。動くのは、わたしだよ。
意地悪でこの時期に予約したとしか思えない。

また、ありがとうとも、よろしく頼むとも、夫の口からは一切出ない。
当たり前?

(義父からは、今日はありがとうって言われたし、前日に連絡頼むな。付き添いも頼むなって言われた)。
わたしが、夫に義父を病院に連れて行ってと、逆に頼んだくらいだったし。
本当に昔から、そういう人だったわ。。。変わらないね。

10日は雨予報。
バスで行かないと。って言うと、『歩いて行ったらええやん』
はあ?
タクシー使えと言うならともかく、雨の中、歩けと?
よくも、そういうことを平然と言えたね!
雨の中、すまないなあ。普通の人なら、そう言いますよ!!

スマホの調子(バッテリーの寿命)が悪いと訴えれば(もう何か月も前から訴えている)、「誕生日プレゼントで買ってあげるわ」と。
スマホって、電話だね。連絡手段だよね!?
それって、生活用品。買って上げるって、言い方がそもそも不愉快。
自分は、ブランド品を買いあさり、高級車に乗り、わたしの誕生日プレゼントがスマホってあり得ない。
未だに普段着は、自分の預金で買っているし、友達の慶弔費なども自分で捻出しています。
どれだけ、妻を軽く扱ったら気が済むんだろうか。貴方、何様?

50歳を超えてから離婚した友達(同級生の離婚者多いよ:ハンド女子は0人だけど)のほとんどの理由は、
『この人と老後を過ごすことに耐えられないと思ったから』
『老後の生活像が全く見えなかったから』
『ずっと一緒にはいたくない。無理だと感じたから』
『こんなわがままな人と暮らし続けたら自分の老後を楽しめないから』
『とっくの昔に夫婦生活は破綻していて、子供が独立したら離婚することになっていたから』
と、ほぼ共通しているが、わたしも、とても共感した。
こんな思いやりの欠片なく、自分中心な夫との老後には、不満しか思い浮かべることが出来ないでいる(夫との老後のビジョン=わたしが一人で家のことをしていて、夫は汚して散らかした挙げ句、わたしの予定を考慮することなく、一人で遊びに行く)。
義父を看取り、2匹が虹の橋を渡るまでは、我慢するつもりでいるが、定年後も、夫が変わらなければ、熟年離婚もありうる。いや、独りで暮らしたい。
と強く思った日でもあった。

イハダ 薬用UVスクリーンをタメす

、ノンケミカルで、赤ちゃんにも使用出来、高精製ワセリン配合で乾燥肌にも良い資生堂ジャパンさんの、”イハダ 薬用UVスクリーン”をタメせる!
乾燥性敏感肌で、化学成分が入ったものだと、かぶれることがあるので、飛びつきました。
IMG_4203.JPG

紫外線吸収剤無添加、パラベン(防腐剤)無添加、アルコール(エタノール)無添加、無香料、無着色 ウォータープルーフ(耐水テスト済み)で汗・水に強い。
医薬部外品です。
刺激も全くなく、最初は白っぽいですが、よく伸びて、透明になり、使い心地はとても良いです。
皮膚を覆っているような暑苦しさもなく、べたつかず、汗を掻いても流れませんでした。
thumbnail_DSC_0013.jpg

50mlで1600円なので、リピしたいと思います。