フェリス狂犬病予防接種 & グレースカバー帯取り外し

17日(水)  13:00

15日・17日・19日の13:00~14:00に、狂犬病ワクチン接種のみの時間を設ける。とのことだったので、フェリスを連れて接種に。
(毎年6月に受けさせているので、それもあり)
外で並んで、票を渡し、中に入って抱っこして打ってもらい、受付でお支払い。
あっと言う間の流れ作業でした。
thumbnail_DSC_0101.jpg

証明書は、24日のグレースの検診時に受け取る旨メモで貼っておいたら、郵送関係費100円が返ってきましたよ。
DSC_0102.JPG

お留守番中、ソフトケージの中に入っていたグレース(爆睡していたみたいで、且つ、耳が遠くて帰宅したのが聞こえなかったみたい)。
フェリスは、時々入って、くつろいでいるのですが、グレースがですよ!!
びっくりです。
こんな日が来るなんて^^
thumbnail_DSC_0100.jpg

そんなグレースですが、傷口を気にする様子がなくなったので、午後、思い切ってカバー帯を外しました。
初めて生で見る術跡。
17094.jpg

糸を噛みちぎった下部は、まだ、カサブタが残っていますが、他はきれいにふさがって、毛も伸びて来ていて目立たなくなりつつあります。
内側を切開して下さっているので、普通に立っていたら見えないです。
よかったね~
17095.jpg

右に比べると、膝回りは膨らんでいます。これは、このままなのかな?
17092.jpg

左の太ももが、さらに痩せて、筋張っててびっくり。
筋肉が落ちてしまっていますが、また歩くようになると戻ります。
って先生がおっしゃっていたのはこのことだったのね。
今は、リハビリを頑張ろうね。
17114.jpg


18日(木)

早朝散歩でディーノ君に会ったら、今日が13歳のお誕生日なんだとか。
お誕生日おめでとう。
今まで飼った中で、一番長生きしてくれてるそうですよ。
ただ、ディーノ君、右眼が完全に見えなくなっちゃったそうです(瞳が真っ白で、中心部が赤かった)。
よくぶつかるの。って優美さん。
久しぶりだったから、フェリスに盛んにご挨拶をしてくれました。
わたしにも^^
お互い、元気で長きしてもらおうね。


さて、今日は、義父の検査結果を聞きに行く日。
雨なので、乗りたくはなかったけれど、バスで。

マスクもせず、検温も忘れていた義父。
なのに、待ち合い室で、大きな声で喋るから、周りの人に白い目で見られてたよ(本人は全く気付いてない。昔からそういう配慮がない人。)。
何のために、大きな字で書いたメモを渡し、電話で念押ししてるんだか…

検査結果は、やはり、脳の萎縮がレベル2(レベル3の入り口)。アルツハイマーの数値も出ているってことでした。
このまま、薬を飲まずにいるのなら、半年に1度、進行を確かめるために受診。
運転免許証を返納し、治療(治す薬ではなく進行を2~3年遅らせる薬:義父は何回も説明を仰いでいました。『ね、さっきのことをまるで覚えていないでしょ。これが認知症ですよ。』って先生)するなら、免許返納後に来てもらって、1か月に1度の検診となる。
『早い段階で認知症に気付いてもらって、こうして検査もして、認知症だということがはっきりしたのも、運転を止めるきっかけではないでしょうか』ってやんわり説かれていました。
また、
『治療すれば、ご家族の方に迷惑を及ぼすようになるのを遅らせる手助けにもなりますよ』とも。
わたしは、『どちらにしても、頻繁に様子を見に行ってあげてください。』って言われました。
義父宅までは、片道10km弱。。。
それだけでなく、同じ話ばかり聞かねばならないし(義父はお喋りだし(明るくていいんだけど)、わたしは聞き役。さっき言ったことを忘れて同じ話を何度も何度もするから疲れる)。しんどいなぁ。

帰りに、「百貨店に飯でも食いに行こう」って言われましたが(マスクもしてないのに)、グレースをそんなにお留守番させられないので、駅で別れ帰路へ。
いろはで、お弁当を買って帰ったけど、帰りのバスの中でガンガン頭痛(低気圧頭痛。大雨が降る数時間前に起こるようになった)。
帰宅後、直ぐに鎮痛剤を飲んで、2匹と寝室で横になったら、珍しく1時間ほど眠れて、起きたらすっきりでした。