きままなイタグレとわたし

アクセスカウンタ

zoom RSS フェリスてんかん発作(覚え書き)

<<   作成日時 : 2018/08/21 21:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11:50 発作の兆候
隣で寝ていたが、ヨロヨロと、足を少しもつれさせながら本を読んでいるわたしのところに来る。
発作だ!とすぐに抱っこして保定。
(キリのよいところまで読んだら、エアコンを点けて、お昼ごはんを作ろうとしていた)
画像

11:55 激しい発作始まる
頭が反りかえり、ガクガク揺れ、手足は硬直。
意識なし。
ダイアップ1個挿入。
(保存場所を変えていたダイアップを探すのに抱っこしながら片手で悪戦苦闘)
画像

12:20 発作が弱まり始める
手足が緩んで来て、意識がぼんやりと戻って来た。
頭は揺れている。
はぁはぁ、息は荒い。
(携帯カメラが機能せず、肝心な時に・・・。後で再起動かけたら直った)
画像

12:30 一応の発作は治まる。
気が付けば、全身汗みどろ。
腕もぬるぬるになって、フェリスの毛まみれ。
温度を見たら、33.3℃。
慌てて、エアコンを入れたよ。
画像

13:00 ふらふらながらも、膝から降りて排尿へ。
お昼ごはんを食べられたのは、13:40でした。
その後も、長い時間、べったり離れず、いつもより、ストーカーで甘えん坊。
画像

ただ、今回は、足元がしっかりしたのが14:00頃。
長い時間、回復せず、よたよた危なっかしく歩いていた。
グレースも、長時間、怒らずに、自分の場所(つまり、わたしの股の間やお膝を)譲っていたので、やはり、不調だったんだろうな。
(大事をとって、夕方のお散歩は見合わせた)
8月の台風シーズンは、毎年発作を起こしている。

ほっとしたのもつかの間。今度は、雷が怖くて、ブルブル・・・
何度経験しても、慣れないてんかん。
お薬を入れても、30分以上も発作が続く(入れなかったら1時間以上だからマシといえばマシ)ので、精神的にボロボロに参ってしまう。
いつも忘れてはいないけれど、フェリスがたくさん背負ってるってことを、はっきりと突き付けられて、さらに落ち込む。。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

飼い主としての戒め

フェリスてんかん発作(覚え書き) きままなイタグレとわたし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる