きままなイタグレとわたし

アクセスカウンタ

zoom RSS フェリス眼科検診(手術されるなら、悠長なことは言ってられませんよ)

<<   作成日時 : 2018/01/10 21:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

16:00〜16:50

朝は、こんなにお天気がよかったのに。午後から予報通りのまとまった雨。
画像

奇跡的に、行き帰りは、雨に合わなかったけれど、グレースはお留守番させて、フェリスだけ。
今日は、距離はあるけれど、安全だからとの夫のアドバイス通り、R171ではなく、ずっと裏道を走りました。
勝尾寺の山は、真っ白に染まってた。
寒いはずだわ(帰宅後も、なかなか身体が温まらなかったよ)。

フェリスは、今日も、お利口さんでした。
画像

点眼は、1日3回が、2回に(3種類のまま)減ったから、少し気が楽になった(*^^)v
画像


フェリスの目、やはり、濁りは完全に消えておらず、見えるところだけを部分的にレーザー照射しても気休めにしかならない。
硝子体手術をするなら、レーザーは当てない方が良い。
      ↓
路面凍結の心配があるから、3月に横浜で手術を受けさせる。
       ↓
手術されるなら、そんな悠長なことは言ってられない。
いつ、大出血するかわからないし(しないかもしれないけれど)、そうなったら、成功確率はうんと低下するか、手術自体受けられないことになる。
(この間も、トイプーが、網膜剥離を起こし、眼圧も上がって、目は飛び出てるし、痛がるしで、連れて来られたばかりです。せっかく、この状態で連れて来られているのに、そうなると、もう、手遅れですよ)

うちでも、雪降って行けません。とキャンセルになることも多い。
手術の日を予約して、当日キャンセル(凍結で行けません)でも構わないから、予約してください。
(1回や2回なら、大丈夫ですよ)

すぐに、横浜どうぶつ眼科さんに、電話を入れて下さいました。
術前検査についても聞いてくださって、かかりつけ医にも、検査項目などを電話して下さいました(メモも)。
画像


この金額でも安いと感じる、今日この頃・・・
一所懸命働いてくれてるのに、毎度毎度、こんなに使っちゃって、悪いなって恐縮。
画像



帰宅後、夫にメールで報告→着電→説明
(手術費用は、本当に大丈夫なの?って確認→何とかなるやろ^^;)

詳細や、質問は、わたしが、後で架けるとして、日程(遠方からの場合、土曜日預け入れ、様子を見つつ、月曜日手術、土曜日退院が多い)は、夫でないと分からないので、明日、夫から予約を入れてもらうことに。

その結果を、どうぶつ眼科専門クリニックさんに電話して、術前検査の予約を、かかりつけ医にも電話。


さて、今日、連れて行けなかったグレース。
両親が同じだし、1年半ほど診ていただいていなかったので、来週18日の10:00にキャンセルが出たところに入れてもらえました(白濁も広がって、時々水みたいな涙を流してる時もあるし)。

夜の運転は、眩惑が酷くて(路面が濡れていると特に)、恐いから、午前中に空きが出て良かった。
が、また、長距離原チャ・・・
眼科で予約が取れた日は、必ず、降水確率が高いのよねぇ。。。(2回とも往復、降らなかったけど)


>きょんちゃんへ

デェイちゃんは、受けさせないという選択をされたんですね。
それでも元気なようで、良かったです。

ご近所の白内障や、緑内障のわんちゃんたち、どの子もみな、眼科専門医にも連れて行かれず(紹介されてもない方が半分)、そのまま、受け止められていらっしゃいます(緑内障のトイプーの子なんて、眼圧上がって目が飛び出てるんですが、仕方ないとのことでした)。
逆に、うちが、眼科専門医に連れて行ったってお話しをすると(グレースの時も、今回も)、連れて行っただけでも、すごいね!お金持ち!!って、変な風に驚かれて、わたしの方こそびっくりしています。
お金の問題も多少ありますが、気持ちの問題なんですけどね。

犬は、嗅覚や触覚(ヒゲなど)、聴力が発達しているので、人間ほどには不自由ではないですし、痛みなどがなければ、手術しなくても。って考えの方がほとんど。
ラムも、老年期は真っ白で、視力はほとんどなかったですが、家の中は、どこにもぶつからずに歩いていました。
(ゴミ箱など、位置を変えると、ぶつかっていましたが)

キョンちゃんも、色々考えられて、悩まれて、悩まれて、出された結論。
それも、立派な選択ですよ。

フェリスは、てんかん持ちで麻酔が怖いし、おしっこなどの障害もある。
わたしのストーカーなので、1週間も入院できるのかなって不安も大きい(これは、夫も手術のこと以上に心配しています)。
また、手術をしても、失明する場合もあるし、点眼は一生続くしで、躊躇していたんですよ。
でも、このままだと、活発だから出血して痛みを伴うこともあるし、まだ7歳だし、受けさせてやれ。と、夫が言ってくれたので、踏ん切りが付きました。
わたしだけなら、きっと、左目は諦めて、右目だけ(網膜剥離防止のため)、レーザーという選択をしていました。

デェイちゃん、お大事にね。
ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

飼い主としての戒め

フェリス眼科検診(手術されるなら、悠長なことは言ってられませんよ) きままなイタグレとわたし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる