きままなイタグレとわたし

アクセスカウンタ

zoom RSS フェリス、緑内障および前部ブドウ膜炎、再診(3回目)

<<   作成日時 : 2017/12/02 12:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今朝9時の目の様子(7時前に点眼)
画像

今朝も、お散歩に連れて行ってほしくて、まとわりついて、茫然とした表情でのお見送り。
目のためだから、我慢してね。

9時半開始のwebで受付を済ませ、10時に獣医さんへ出発。
到着して10分ほどで診察室へ。
虹彩の変色(−)
画像

眼圧 13,14,14 (右13,14)
画像

前眼房の濁り低下
炎症も回復傾向
画像

ステロイドの注射
(この影響で、昨夜から、また、ちっちが出にくくなっている)
画像

明日から抗生剤服用
消炎剤は、4日と6日2回服用
点眼は、1日2〜4回
画像

いつもよく観察されているので、引き続き、目の充血や腫れ、変色などに注意して、少しでもおかしいと感じたら、すぐに連れて来て下さい。
(いえ、ブドウ膜炎に気付いてやれなかった、至らないダメダメ飼い主です)
異常なければ、次回は、火曜日に。
眼科クリニックには、ファックスで経過を報告してありますので。
画像

11時30分帰宅。
今日も、グレースは、おこたから出て来て、おしっぽを振って、フェリスにお帰りって(ちょっとだけなんですけどね)。
今までは、全く、無関心だったのに、嬉しいびっくりです。
お散歩から帰った時は、フェリスのお帰りの挨拶を受け入れて、鼻先でつんつん。
無視しなくなりました。
離れることによって、ほんの僅かですが、距離が縮まったような気がします。


明日は、13時から、父の一周忌の法要があるので(フェリスのことで、動転して、すっかり忘れていました。カレンダーに、通院日の書きこみをしていて、思い出したよ)、比較的長時間、お留守番をさせなければなりません。
(家が分からないという娘と吹田駅で11時15分に待ち合わせて、ランチの後に母宅へ行く予定)
こんな気分で、あの母に会うのは、とても気が重い。
法要が終わったら、すぐさま、この子たちの元に帰ろう。
孫より、母より、今はフェリスの眼が大切です。
画像




13時半 どうぶつ眼科専門クリニックより着電
グレースも、その後の経過を診たいので、一緒に連れて来るようにとのこと。
あの距離を、しかも、R171をしばらく走らねばならいし、絶対に無理だわ・・・
おまけに降水確率40%だよ。非常にコマッタ。
(当初、7日(降水確率20%)の10時でOKをもらっていたのに、後で、何故か分からないけれど、8日10時半に延期させられたしさぁ。)


軽い遊びならOKとのことで、たまごちゃん投げ。
フェリス、左目側に、ゆっくりゆっくり投げた’たまご’を、見失います。
追いかけることが出来ません

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

飼い主としての戒め

フェリス、緑内障および前部ブドウ膜炎、再診(3回目) きままなイタグレとわたし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる