きままなイタグレとわたし

アクセスカウンタ

zoom RSS 2匹揃って左耳の軽い炎症で受診

<<   作成日時 : 2017/11/23 22:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

グレースも、フェリスも、左耳がちょいと赤い。
(お出掛けは見合わせて)酷くなる前に、治療してもらうことに。

祝日は、10時開院のかかりつけの獣医さん。
9時45分受付を済ませ、(院長先生は先約2匹あったし、Y副院長は休診だったため、時間優先で受付票記入)待合で待機。

パパが居ると、2匹ともパパのお膝に乗って、ブルブル震え、緊張のあくびばかり。
いつもの社交的な2匹ではなくなるから不思議(何故なんだろう?)。

10時に、I原副院長で受診(初対面です)。
『うわーきれいですね。歯磨き1日2回ですか?』 はい
『やっぱりねー!』
どの病院のどの獣医師にも、歯がきれいだと褒められます^^
画像

グレースは、耳の奥の汚れなく、軽く洗浄。
軽い炎症なので、ビクタスSMTクリームを塗布。
画像

何か他に気になることがないか聞かれ、股関節の開きがやや気になるとお伝え。
(でこぼこの道を歩くと股関節にいいそうです)

フェリスは、耳の奥にやや耳垢があったので、何度か洗浄。
なのに、炎症は、グレースよりも、なお軽い。
画像

同じく、ビクタスS MTクリーム塗布。
画像

2週間くらいは、このまま、お家での洗浄もせず、様子見してください。
とのことでした。
画像

2匹とも、炎症を起こした原因に、心当たりが全くないのよね。。。

10時45分に帰宅後、テーブルにカメラや明細などを置いていると、、、
左からは、グレース。
画像

右からは、フェリスの、御褒美の要求。
画像

その後、すぐさま遊べ!
画像

この姉妹、仲が悪いのに、シンクロすることが多いし、行動がすごく似ているのよね(性格は全く違うケド)・・・

<ビクタスS MTクリーム>
抗生剤とステロイド剤の合剤
外耳炎や皮膚感染症の治療剤として認可されている
画像






 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 


夫の動静(ややこしい)

17日 夜帰宅
18日 ゴルフ
20日 早朝本社へ
21日 夜帰宅
22日 午前中 信金〜JAバンク
    午後 大阪事務所で会議
23日 夕方静岡へ移動
24日 夕方帰宅
27日 大阪工場にて会議
28日 早朝本社へ

明日、16時くらいに京都駅に着くから、出ておいで。
ライトアップの東寺に(17時半開門。どこかウロウロして時間を潰す)行こう。
と、言う。

京都にその時間に着くためには、お散歩も、晩ご飯の用意も早めに済ませて、息つく暇もなく出なきゃならない。
今、右足は、坐骨神経痛が酷く、ずっと痺れて辛いし、ひざと足首も曲げ伸ばしの時に痛む。
お散歩も、足を引きずるようにしか歩けない。
せっかくなんだけど、今のわたしにはハードで無理です。
と、お断りさせてもらいました。

夫はライトアップが好きだけど、わたしは、夜、極端に視力が落ちるので、太陽の下での観賞の方が好き

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

飼い主としての戒め

2匹揃って左耳の軽い炎症で受診 きままなイタグレとわたし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる