きままなイタグレとわたし

アクセスカウンタ

zoom RSS 親子4代勢ぞろい その日、新年早々、当たりました(ToT) & 病み上がりで片付け

<<   作成日時 : 2017/01/04 19:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1日  11:00〜16:30 親子4代祭り

朝食べたお雑煮のハマグリ(それしか考えられない)に当たり、元旦早々下り腹。
おせちは、ふるさと納税のお礼の品の代替品(38000円相当)
画像

だけど、今日しかお休みがない娘と義父と、約束していたし、銀のさらで、お寿司も6人前取り寄せていたので、決行。

昼食を済ませ、片付けていたら、夫が気を利かせて子供たちを公園に連れ出してくれました。
画像

義父も、追随で、1時間くらい、留守にしてくれたから、ちょっと休めた。
画像

公園で遊んでから、見晴らしのよい2丁目まで登って景色を見たんだって。
画像

帰って来て、曽祖父ちゃんとじいちゃんと、ふざけたり、テニスをしたり、バランスボールで遊んだりと、ちっともじっとしていない2人(;^ω^)
画像

運動神経の鈍い讃ちゃんも、トランポリンが、ずいぶん上手になりました。
画像

14時半に、じいちゃんがお散歩に行こうとしたら、一緒に行きたいと2人でせがむので、絶対に歩くってことを条件で。
また曽祖父ちゃんも一緒に行ってくれたよ。
曽祖父ちゃん、今日は、大活躍!
82歳、元気です(^.^)

男の子って、じっとしていないものなのか・・・(-_-)
娘も運動神経は良かったけれど、じっとする遊びも好きだったからね。
画像

待ってる間に、義父の好物のおぜんざいを炊いて、しばらく横になったけど、寒気と悪寒がますます酷くなる一方。
長いお散歩(公園で遊んでたんだって。カワセミも見つけたらしい)から帰って来たので、大人にはおぜんざい、子供たちには、お菓子とおりんごのおやつ。

せっかく集まったのに、体調がどんどん悪くなり(全員に体調不良は伏せていた)、16時くらいに義父が、「疲れたから帰って寝るわなー」と帰られたし、娘にも、16時半にはお帰りいただいて(夫が送迎・大量のお土産を持って帰ったよ)、おこたで横に(熱は36.8度)。

帰宅した夫に晩ご飯をささっと食べてもらって、またしばらく横になったけれど、寒気が半端なく、再度熱を測ったら、38.4度!
こりゃ、あきません。と、パジャマに着替えて、ベッドにもぐりこんだのが20時半。
下り腹も、全く治まらず、ガタガタ震えながら、ひたすら耐えて、深夜0時過ぎ、我慢し切れなくなり、頓服を服用(38.5度)。
少し眠れた。


2日 一日寝込む(夫はゴルフ)

朝5:00に熱を測ったけど、まだ38.2度で、下り腹も治まらず、激しい吐き気。
寒気と悪寒だけは治まっていた。
2匹のご飯を作って食べさせ、お手入れは歯磨きだけにして、1日寝ていることに。
14時過ぎ、ようやく37.2度まで下がり、お餅を1つ食べる。
下り腹は、治らず。
2匹のご飯を作っている17時半頃、夫が帰宅したので、お散歩を頼む。
熱は、ようやく36.8度に(平熱35.6〜7度)なり、トイレに行く回数も格段に少なくなり、復活気味。
夫におせちを食べてもらい、昨日入れなかったお風呂に入ってさっぱり。


3日  休養日

本当は、片付けがしたかったのだけど、病み上がりなので、お布団を干して、掃除機をかけて、お風呂と洗面所とトイレだけ清掃して、1日休養日とする。
買い出しも、冷蔵庫になんなとあるから、行かず。
2匹とは、いつも以上に遊んで、昨日のお詫び(;^ω^)


4日  片付け・整理

夫がいる間(16時過ぎに、おにぎりを持って(笑)赴任先に戻る)にと、朝から片付け。
(整理や家具の移動などは、夫がいる時にしか出来ないことが多い)
12月に、一度は2階に運んだ和室の荷物は、また、和室に戻してしまったので(一時は公団阿武山に住むということになった。公団入居の手続きも煩雑で大変だったのに、いとも簡単にキャンセルしてくれ、一緒に住みたいっていうわがまま。)、再び2階へ。
そして、2階のそれぞれの部屋の不用品(お洋服や趣味の品。それに、32年近い結婚生活で溜まった、空き部屋に置いていても支障なかったあらゆる物)を一気に整理。
2階空き部屋に、母の物を入れるための場所作りを、朝から14時まで、夫婦で頑張った。
壁にぶつけないように大物を運んだり、せっせと小物を何度も運んだり、捨てる物の選別と、残す物の整理、掃除機に拭き掃除、ゴミの分別と運搬etc.etc.
いつ終わるのかと、途方に暮れる片付けの日々。
12月も、各ゴミの日に、せっせと何度も何度も運んだところだったが、またまた、大量のゴミ。
(夫婦がいなくなった時には、要る物だけ取って、家ごと壊してくれればいいだけだったのに)
大変の一言では表現出来ないほどに、時間と体力が要る仕事。
もう、これ以上は整理しようがない(屋根裏部屋除く)ってくらいに、家具を移動し、物を捨てた。
物入れにしているローチェスト1棹と飾り棚付きTVボード1棹も、もったいないけれど、処分しなければ母の荷物が入らないので、改装業者に処分してもらわねばならない。

わたしは、趣味部屋も、寝室も、狭くなった。
使い勝手も悪くなっちゃったし、2匹がゆったり遊べるスペースも半分くらい減っちゃったよ。
それでも、クローゼットを空けるために、ブランド物のスーツ類やドレス類も、思い切って1/3くらい捨てたんだよ(総額250万円以上はした)。
(おまけに、ハウスダストで、鼻水ポタポタ垂れ流し状態)
夫は、PCをしたり、趣味の物を置いて楽しんでいた和室を全て空け渡してくれて、2階の部屋もすごく狭くなってるし、大切に置いていたスキーセットなど嵩張る物を、全部捨ててくれたの(ずっと置いておきたかったはずなのに)。
本当に、申し訳ない気持ちでいっぱいです
日々、薄情だと感じていた夫に、こういう一面があったなんて、37年付き合って来たけれど、初めて知ったよ(@_@)
ありがとうございます

こういう大変なことをして受け入れるんだって、母は、理解してくれているのだろうか・・・(-_-;)
そして、兄からは、夫にも(わたしにも)、母をよろしくとのメールの一つ、電話の1本さえないこの現状・・・
どうして?
元々うちが引き取る筋合いでもないし、金銭的にも、物凄い負担になるのは、夫なのに(-_-)
わたしだって、きっと改装工事のほとんどを負担しなければならないと思う(母はお金を持っていないし、取れない)。
自分の老後にと、我武者羅に働いて溜めて蓄えていた大切な虎の子だよ・・・

次回、夫帰宅日は、父の四十九日法要(14日14:00〜)に併せて、13日の夜から、15日の夕方。
免許証の更新も、1日で済ませるために、門真まで行くだろうし。
なので、そこまでの片付けは手伝ってもらえない見込み。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

飼い主としての戒め

親子4代勢ぞろい その日、新年早々、当たりました(ToT) & 病み上がりで片付け きままなイタグレとわたし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる